1. HOME
  2. 事業案内
  3. 教育ソリューション
  4. 英語コミュニケーション力アセスメント

教育ソリューション

教育ソリューション

教育ソリューション

英語コミュニケーション力アセスメント

TOPスコア 英語コミュニケーションアセスメントテスト

英語スピーキングスキル・コミュニケーションスキルを数値化するためのアセスメントテスト「TOP スコア」

 

オンライン英語アセスメントテスト

オンライン英会話は英語学習において、スピーキングやリスニング、コミュニケーション能力に非常に効率が良く、費用対効果の面からも注目をされています。ここ数年で授業に導入する教育機関様も加速していますが、その能力を測定するアセスメントテストの有無によっては、導入結果として大きな違いを残しています。能力測定は受講生のモチベーションアップにつながるだけでなく、オンライン英会話を導入して、実際にどのように、どれくらいのスピードで能力が向上したのかを分析することも可能になり、能力向上の計画を立てやすくなります。

TOP SCOREではオンライン英会話授業の10分〜15分程度の時間を利用し、講師のインタビューに応答する形でテストが進行されます。わざわざ試験会場に行ったり、試験時間を待つこともなく、オンライン測定テストとして手軽に済ませれるよう設計されています。インタビューは講師サイドにて、録音され、2名のネイティブ審査官によって採点されます。2名の採点スコアの平均スコアがTOP SCOREの公式試験結果として、レポートが発行されます。

 

TOPスコア スコアシート

 

受験概要

英語スピーキングスキル及び、英語でのコミュニケーションスキルを測定するテストです。10~15分間のオンライン Skypeコール等でのインタビュー・面談方式で受験・採点されます。

テスト名称

TOP-SCORE(Test of Oral Proficiency)

所要時間

10分

形式

インタービュー形式(オンライン・オフライン)

採点方法

2名のネイティブ審査官による採点

レベル判定

CEFRに準拠した7レベル構成で0~10のスコアで評価されます。

TOP-Score 評価基準項目について

Language Competence:言語構成能力測定

Vocabulary

Considerations: Range and accuracy of word, lexical collocation and descriptive language selection including native-level phrasing and idiomatic expressions.

Grammar

Considerations: Range and accuracy of grammatical structures such as verb tenses, pronouns, gender and number agreement, negation, articles, prepositions and adjective placement.

Listening

Considerations: Speed and accuracy to comprehend detail, gist and inference of speaker’s utterances.

Fluency

Considerations: ・Production of language at a rapid but comprehensible pace. ・Spontaneous flow of connected speech with minimal hesitations before and during speaking

Pronunciation

Considerations: ・Intelligibility and comprehensibility of individual sounds ・Stress and weak forms ・Blending or linking sounds within or between words ・First language phonological interference.

Communication Competence:コミュニケーション能力測定

Organization/Logic

Considerations: ・Coherence and cohesiveness of discourse using a variety of organizational patterns ・Use of connectors and other cohesive devices.

Non-verbal

Considerations: Enhancement of verbal messages with complementary gestures, facial expression, body posture, and eye contact.

Voice Control

Considerations: Use of vocal stress and intonation patterns to highlight, emphasize and modify the meaning.

Interaction

Considerations: ・Initiative and speed of turn-taking, responses, asking questions and introducing new gambits ・Confirmation of meaning through comprehension checks and clarification requests.

Style/Register

Considerations: ・Range of linguistic styles from informal to formal and from conciliatory to persuasive ・Language usage selection that reflects context factors such as topic, social occasion, emotional involvement and relationship with an audience.

資料請求・お問い合わせは下記よりお問い合わせください。