1. HOME
  2. 事業案内
  3. 教育ソリューション
  4. フィリピン教育旅行

教育ソリューション

教育ソリューション

教育ソリューション

フィリピン教育旅行

近年人気急上昇のフィリピン語学研修。グローバル人材のゲートウェイ留学として英語特訓。マンツーマンレッスン主体のインテンシブ英語研修です。

フィリピンの英語留学に参加する日本人留学生が急増している理由は、比較的安い費用で、マンツーマン主体のレッスンプログラムを、1日あたり6時間〜10時間のレッスンを受講できる点にあります。また、食事、ランドリー、清掃といった身の回りの生活の事、滞在先の心配も不要で、フルボーディングのオールインワンタイプの語学学校が大半を占めている点も安心材料として挙げることができます。治安などの不安要因は未だ消し去る事はできませんが、語学学校のセキュリティ体制や管理体制なども挙げることができるでしょう。
1日6時間〜10時間の授業は、学校での授業に置き換えると、高校での総英語授業時間数の約20%を2週間で行うことになります。また学校で学習するようなグラマー主体の英語レッスンではなく、マンツーマンが主体のコミュニカティブな英語学習がベースとなるため、学校教育で停滞していたスピーキングの強化につながり、英語4技能強化の一巻のプログラムとしての位置付けで導入を検討される教育機関様も増加しており、導入方法は募集型や学科の強化合宿として絶対参加の行事として導入する傾向も増加しています。

フィリピンへ語学留学する日本人が増加中

2017, 2018年度で急成長のフィリピン留学
~JAOS統計でニュージーランドを抜いて5位の留学地域に成長~

JAOS 統計

  1. 欧米圏のシェアは広く、アジアのシェアが17%強、北米、ヨーロッパ、オセアニアの留学国が全体シェアの 80%強を占め、引き続き留学地として不動の人気を誇っています。一方で、フィリピンやシンガポール、中国、韓国、台湾などのアジアのシェアが17%強もあり、アジアで学ぶ日本人も一定数いることが伺えます。
  2. その中でもフィリピンの躍進が大きくニュージーランドを抜いて 5 位に。単体では近年留学先として人気を博しているフィリピンがニュージーランドを抜いて、アメリカ、オーストラリア、カナダ、イギリスに次ぐ5 番目の留学渡航先として選ばれています。

フィリピン留学への期待感と目的

フィリピン留学への 期待と目的

アジア圏内で最も英語人口が多く、その実力も高いフィリピン。

アジア内では最も英語人口も多く、その実力も高く評価されているフィリピン英語。GlobalEnglish社 (本社:米国カリフォルニア州)による調査報告では、フィリピンのビジネス英語力は世界トップレベルであると評価されました。156カ国、108,000人を対象に行われた調査において、10段階の評価を用いて、国別では、フィリピンが2011年に引き続き、2012年も世界1のスコア(7.11)を記録。7.00以上のスコアを挙げたのはフィリピンのみ。日本のスコアは(3.4)と初級レベルでアジアで最下位。
非ネイティブであるからこそ英語を学ぶ苦しみや楽しみを知ります。フィリピン人は世界のいろいろなところで様々な職で活躍しています。本当のグローバルに通用する英語を学ぶのにフィリピン人は最適な英語講師といえるでしょう。

経済発展と貧困問題+融合文化の背景・リゾートシティ

ボランティア活動・孤児院訪問
フィリピンは近年5~7%のGDP上昇で急速に経済発展を遂げています。しかしながら、国民の1/4が1日100円以下での生活を余儀なくされており、まともな教育も受けられない家庭環境を持つとされており、貧困問題の解決は先延ばしの現状です。NGO団体を訪問し貧困問題のレクチャーから、孤児や施設の子供たちとの交流、孤児院での炊き出しなどのボランティアプログラムに加え、スラム街やゴミ山を訪問したり、環境問題面ではマングローブの植林などのボランティア活動を体験することができます。

現地学校交流・B&Sプログラム
フィリピンには私立、公立の教育機関がありますが、公立小学校、高校では学校に5000名を超える生徒が在籍しており、朝昼夜の3部制となっているところもあります。このプログラムでは主に公立小学校や高校に訪問して、実際に授業に入って頂いたり、授業内で発表を行っていただきます。後日、市内観光やショッピング等に一緒に参加するB&Sなどのプログラムを組むことも可能です。全て英語で進行されますが、小学校と高校の英語力、英語授業のスピードなどの違いには圧巻されます。グローバルのライバルの認識として経験できる良い機会です。

リゾートディユース・アイランドホッピング
フィリピンといえば、外せないのがやはりサンゴを覆うコバルトブルーの美しい海です。アイランドホッピングで近郊の島に遊びに行ったり、シュノーケル体験やココナッツオイル作りなども可能です。また大きな団体ともなると、海に出るのは危機管理上難しい場合でも、リゾートホテルでのディユースやリゾートプールなどもありますので、そちらのプログラムを利用いただけます。

市内観光・ショッピングツアー
フィリピンは過去、スペインの統治、アメリカの植民地、日本の侵攻などがあり、様々な文化が融合しています。国民の90%はカトリックですので、協会は多数点在しています。市内ツアーでは、そうしたヒストリカルな観光名所であるサントニーニョ教会、サンペドロ要塞、マクタンシュラインなどを見学し、市内ツアーの最後には、巨大なショッピングモールでお土産を買うためのショッピングタイムを作って、習った英語を駆使して買い物に出ていただきます。

マンツーマン主体の集中プログラムで”話せる英語”を猛特訓。語学研修に加えて、貧困問題を考えるボランティア活動、学校交流、英語+αを学ぶ大学でのインテグレーションプログラムなど様々なプログラムアレンジが可能です。

フィリピン教育旅行研修事例

研修実績No1の当社直営IDEA

2キャンパスの総定員は現在450名で、フィリピンで最大規模を誇ります。総勢約240名の英語講師が在籍。IDEAではより高い講師技術を求めて、ケンブリッジ大学のCELTAの公式トレーニングセンターとして認可を受け、約10%のトレーナー講師がCELTA資格を取得。日本の東京、大阪、福岡に営業オフィスを構え、現地にはアカデミックを担当する部署を構えて、お客様のニーズをくみ取り、プログラムに反映する体制を整えています。

現地大学CITとのインテグレーション研修

当社では自社キャンパスであるIDEAと現地ローカルの大学CIT(Cebu Insutitute of Technology University)との提携により、IDEAでの英語研修+CITでの大学の学部の専門科目を短期でも提供できるようになりました。CITでは、行動プログラムやビジュアルプログラムを学習する”Technology(コンピュータ技術)”、医療英語を実際の現場に近い講習で学習する “Nursing(医療看護)”、ホテルでの研修をベースにプログラムされた“Hospitality Management(ホスピタリティ)”の3科目から選択が可能。

英語講師と市内観光Realiaプログラム

フィリピンは過去、スペインの統治、アメリカの植民地、日本の侵攻などがあり、様々な文化が融合しています。国民の90%はカトリックで教会も多くあります。こうした観光スポットをただ回るだけでなく、英語課外授業の一環として、英語講師が準備した市内観光に特化した単語やフレーズなどのテキストを元に、観光しながらリアルな英会話授業を展開することが可能です。Realiaプログラムでは市内観光のほか、ビーチや島訪問、ボランティアなども準備が可能です。

大学敷設のESLで現地大学生との交流CDUESL

セブ医科大学敷設の語学学校です。徒歩圏内にセブ医科大学CDUがあり、寮内には一部CDUのローカル学生も学生寮として住み込んでいます。研修では英語レッスンのほか、夜間に学内カフェでローカル学生との交流としてカフェトークや大学の授業体験など、CDUでしか体験できないプログラムの提供が可能です。

英語+ボランティア

フィリピンにはまだ未だに人口の3割近い数の貧困層世帯があるとされています。急速な経済発展を遂げながらも、貧困問題は置き去りの状態となっています。フィリピンでの研修では平日は語学学校での研修に加え、こうした貧困問題の現実を知るべく、現地の孤児院やNGOを訪問し、実際に施設の子供たちと触れ合ったり、住居訪問やゴミ山訪問などの課外活動を行うことが可能です。また交流の際には日本文化や日本語などをレクチャーして頂く時間があり、語学学校でそのレクチャーの準備研修をアレンジすることも可能です。

現地校交流プログラム

フィリピンの現地小学校や高等学校を訪問し、実際に授業に参加して聴講、発表、交流をするプログラムです。現地校の授業は原則英語で行われており、学年の違いで、英語の使用単語やスピードが大きく違います。日本の子どもたちにとってはその英語授業は良い意味でカルチャーショックを受けることでしょう。発表の際には、日本から文化紹介や日本の伝統の遊び、日本語授業などを行なって頂きます。現地校交流は原則1日のプログラムですが、2〜3日の授業聴講などもリクエストや時期次第では可能です。

フィリピン教育旅行に関する
資料請求・お問い合わせは下記よりお問い合わせください。